医薬品とアルコールとの関係

医薬品を処方される際に、大きなネックとなるのが「食事」です。

食事と言っても、食べるものに関してはそれほど大きな問題になるケースはそれほど多くありませんが、しかし特に「アルコール類」との相性ということになると、たいていの医薬品はかなり悪いということになります。
これは、ED治療薬とのかかわりにおいても同じことが言えますが、しかし、ED治療薬の場合、効果が表れるタイミングを見計らう必要があるため、意外と食事との絡みは無視できるケースも多いようです。

効果が表れるタイミングというのは、つまり、「治療薬を飲むタイミング」ということになるわけですから、食事の時間との兼ね合いをうまくコントロールすることができる可能性も意外と高いのです。
ただ、いずれにしてもアルコール類とED治療薬との相性の悪さに関しては、非常によく知られるところですので、できるだけアルコール類の影響を受けないタイミングでED治療薬を服用することをおすすめします。

せっかく服用したのに、肝心なときに効果が現われなかったということにもなりかねませんので、この部分だけは要注意です。